ここは私のつぶやきページ
洋服の話だけではなく、いろいろな話題で盛り上げたいと思います。
オンオフを問わず、つぶやきますよ(笑)

◆過去のつぶやき
あれこれつぶやき(2016年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2017年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2017年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2017年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2017年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2017年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2017年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2018年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2018年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2018年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2018年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2018年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2018年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2019年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2019年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2019年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2019年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2019年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2019年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2020年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2020年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2020年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2020年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2020年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2020年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2021年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2021年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2021年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2021年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2021年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2021年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2022年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2022年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2022年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2022年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2022年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2022年11月〜12月)
■2023年1月〜2月
2022年2月7日「Y2レザー展示会」
先日、Y2レザー2023年秋冬展示会に行ってきました。何しろレザー専門のファクトリーブランドなので多くのアイテムが存在しますが、私達が特に注目したのはGジャンタイプのレザーアイテム。
今や不動の人気となった片ポケットの1stタイプ!ここ数年ではデニムだけでなくレザーでも人気になりました。一昨年、トロフィークロージングに在ったのは記憶に新しいところです。今年25周年を迎えるY2レザーは周年記念モデルとしてこのステアスエードを用意していました。着るとこんな感じになります。
 
同じ革製品でもスエードなので楽に羽織れます。着皺を見れば分かるとおりストレス無くすぐに身体に馴染みそうでした。癖のないシルエットで格好良かったです。価格は¥99,000とレザージャケットの中では最も安価なのも嬉しいですね。
一方こちらはエコホースレザーのオリーブカラー。エコホースは渋鞣し100%の馬革の中で最もヴィンテージライクに拘った鞣しがされています。他の革に比べしっかりと締まっているので着ていくと革の繊維が解れ、ギシギシキュッキュッと音が出ます。これぞ究極の渋鞣しで着て育てるのが楽しくなる革です。

今回注目した2タイプはどちらもオリーブカラーです。レザージャケットと言えば黒か茶色が一般的ですが、このオリーブカラーで着る1stタイプは街にも溶け込む純粋にカッコイイジャケットでした。この秋には入荷する予定ですが、品切れを避けて手に入れるにはご予約をお薦めいたします。今月15日までご予約を受け付けておりますのでお店までご連絡ください。
2022年2月4日「新入荷!トイズマッコイ製B-15C」
B-15Cと言えばM.モンローが着用したUS AIRFORCEのフライトジャケットとして有名ですね。左胸に"MOSQUITO"パッチを付けたカスタムモデルが人気ですが、トイズマッコイからプレーンモデル(無地)40inが入荷しました。
TYPE B-15C ALBERT TURNER&CO.,INC.¥104,500
その後のB-15Dを含め2タイプしか存在しなかったシープファー衿付きのジャケットです。10万を超える価格ですが実物を基にしたレプリカとしての価値観やクオリティからすれば長い先にはきっと『買って良かった!』と思える一枚となります。
さらりと着こなすことが出来るヴィンテージスタイルです。次期2023年秋冬は生産されないので早いうちに手に入れておきましょう!
2022年2月3日「貴方はシール、それともラセット?Type A-2の色について」
先日来からご紹介しているトイズの新作A-2"STAR SPORTSWEAR"のメーカー卸在庫は既に完売となりました。春のA-2は余り作られないので足が速いですね。さて今日はこんな1枚。
A-2の茶色はシールとラセットに大別されます。1933年、正式に採用されたType A-2は大戦期の前半まではラセットブラウンが大半でしたが、1944年以降はシールブラウンが登場してきます。敵から目立たなくするための様です。軍当局はラセットのA-2を回収しシールに塗り直していたと云う話も在ります。レプリカA-2の殆どがシールなのはその為でしょうか?シールは硬派なイメージですが、本来のA-2はやはりラセットブラウンの方ですね。
昨夜の酒の肴です。はんぺんとししゃも...もう少し先ならししゃもも子持ちになるので更に旨くなります。シンプルなアテですが十分満足です!
2022年2月2日「トイズの新作!S.スポーツA-2」
先週まで開催させて頂いたトイズマッコイ2023年春夏新作内覧会では多くのお客様のご来店いただきありがとうございました。半袖プリントTシャツをはじめいろいろな商品が在りましたが、やはり注目したいのは春夏だけしかリリースされないTYPE A-2の『実名復刻モデル』です。
TYPE A-2 STAR SPORTSWEAR MFG.CO.TMJ2302 ¥220,000
多くのお客様が口を揃えて『このラセットブラウン最高ですね!』とヴィンテージ真柄の色合いに大興奮でした。勿論、ラフウェア社やトイズオリジナルとは異なったボックスシルエットの評判も高く『着易いですね!』絶賛されていました。本来のジャケット袖と言われるセットインスリーブパターンも着易さに大きく貢献しています。さて注目されていたラセットブラウンをより分かり易くしたのが次の画像です。
一緒に映っている下側のラセットブラウン(ラフウェア)と比較すればその違いがお分かり頂けると思います。明るさと赤味を控えたミッドブラウンは正にヴィンテージA-2を思わせる色合いです。商品の入荷は3月と聞いております、2月末にはご予約ページをUPしますのでどうぞお待ちください。
2022年1月26日「トイズマッコイ2023年春夏内覧会準備完了!」
新名神での交通マヒは連日大きく報道されていました。各地に多大な影響を及ぼした今回の寒波も峠を越え落ち着きつつあるようです。さて明日から開催させて頂く『トイズマッコイ2023年春夏内覧会』の準備が整いました。
 
 
 
春夏シーズンなのでTシャツが中心ですがミリタリーブランドならではの春アウター...初登場のラセットA-2やテストサンプルL-2Aなども見逃せません。30(月)まで開催していますので是非、お越しください。
2022年1月24日「今週金曜日から開催!トイズマッコイ2023年春夏内覧会」
予報通り夕方から雪になりました。午後6時前でかなり降っており数時間でそれなりの積雪になると思われます。明日はさらに冷え込む様なので早朝から交通機関への影響も懸念されます。
さて、実店舗でのイベントですが今週金曜日からトイズマッコイの内覧会となります。2023年春夏の新作がご覧いただけます。ポイントになる商品はいろいろ在りますが、ひとつ気になるのはラセットブラウンA-2だと思います。
これは10年ほど前に別注したラセットブラウンA-2ですが、これに近い色合いのA-2がリリースされます。赤味を抑えたラセットブラウンA-2は暫く出ていなかったので希少なモデルになるのは間違いありません。プレーンとカスタムの2タイプが在ります!是非、実物をご覧ください。お待ちしております。
2022年1月22日「現代に蘇ったヴィンテージモデル」
大寒の今は着る機会が少ないかもしれないがこれほどまでにもインパクトが在るスカジャンは見過ごすわけには行きません。シャンパンゴールド&オフホワイトの淡いキャンバスだけに真紅の虎が映えています。今までにも多くのスーベニアジャケット(スカジャン)を発表しているテーラー東洋ですが、ここまでヴィンテージライクな逸品も珍しいですね。
Early1950s-Mid1950s Style Acetate Souvenir Jacket"Red Tiger x Gold Dragon"
刺繍糸の色数を少なくして針足を増やすことで立体感を出して虎の縞柄を表現した見事な刺繍です。
 
一方でリバース面はシンプルなブラックを基調とし背面の金龍とフロントの白龍という2パターンが楽しめるデコレーション!ヴィンテージスタイルブックが飛び出したようなこのスカジャンを是非、手に入れましょう!例の如くサイズはややタイト目ですので普段、Mサイズを着られる方はLサイズを選べば良いと思います。

さてさて、以前、時々ご紹介していた私の『酒の肴』シリーズ。『また復活して欲しい!』とお声をいただきました。そこでこんな1枚をご紹介!
これは飛騨・高山の郷土料理。朴葉の上に自家製のこうじ味噌を乗せて焼いた料理です。昨年の秋の紅葉巡りで訪れた木曽八景の一つ、寝覚の床で拾ってきた朴葉の葉を乾燥させて使いました。山仕事を生業とする杣人(そまびと)たちが山で朴葉を皿代わりに焼き味噌をしたのが始まりと言われています。
ネギとシイタケ、牛肉だけのシンプルな焼き物ですが、こうじ味噌が酒(日本酒)に良く合うのです♪朴葉の木が在る場所を聞き込みしておくと手に入れやすいですよ。
2022年1月20日「シャツを狙うならこんなシャンブレイも在ります」
アメカジシャツのカテゴリーで最も人気の在るシャツは何と言ってもブルーシャンブレイワークシャツでしょう。万能なコーディネイト性やデニムと同様に楽しめる経年変化などその魅力は想像以上に大きいものです。今日つぶやくのはシュガーケーンがリリースしたこんなアイテム。
 
 
通称『ベタシャン』と呼ばれる1940-50年代のブルーシャンブレイワークシャツ。通常のブルシャンのようにムラ感が少なく青味が強いのが特徴。それでも織りはシャンブレイ組織なのでパッカリングや退色の経年変化が楽しめます。余り出回っていないだけに欲しくなる1枚です。
2022年1月19日「インナーの必須アイテム」
来週は再び猛烈な寒波が襲ってくるようです、そうなるとインナーにも温かなアイテムが必要になります。フリースやニットはインナーの代表ですが、ヴィンテージアメカジならやはりスウェットシャツが着たくなります。今日取り上げるのは先日入荷したばかりのウエアハウスのスウェットシャツ。
 
 
WARE HOUSE LOT,403 DOW FIELDは、定番の吊り編みスウェットで袖付けがセットインフリーダム仕様です。今回はサーモン、ヘザーグレイ、ダークネイビーをご用意しました。ウエアハウスではスウェットシャツの生産は秋冬のみなので今回の入荷分は2022年の発注分です。次の発注機会は2023年6月頃で入荷は12月以降になるかもしれません。今の時期だけでなく春にも活躍するスウェットの数々。買い逃しのないようにしましょう。
2022年1月17日「大人のジャケットを着る」
冬型が緩んで過ごし易くなると羽織るジャケットも軽くなります。こんな日はこんなアウターが丁度良い。
TROPHY CLOTHING PIONEER SPORT JACKET / TR22AW-510
トロフィークロージングが今季リリースしたオンブレイチェックのウールジャケットです。例えばブルーシャンブレイシャツの上に軽く羽織るだけで雰囲気よく着られます(40in着用)。
このジャケットの『隠れポイント』でもあるウィンドフラップのボタンを留めればベストやVカーデを着ているような見栄えが作れます。こんなスポーツジャケットを羽織れば渋い大人のスタイルも容易に出来ますよ。
2022年1月16日「3rdデニムジャケットの魅力」
ここ2〜3日の穏やかな気候の影響でデニムジャケットを見に来られる方が多かったようです。今やデニムジャケットと言えば左無胸1ポケットの1stタイプが主流ですが、最近は3rdタイプも注目されるようになりました。
SUGAR CANE 14oz DENIM JACKET 1962MODEL(3rd Style)
例えばこちらシュガーケーンのSC11962Aもそのひとつ。1stタイプのボックス型シルエットではなく逆三角形型のシャープなフォルムが特徴です。フロントボタンを閉めてぴったりと着るのがお薦めの着方。ボトムスにデニムを用いたデニムonデニムで着れば硬派なデニムスタイルが完成します。シルエットだけでなくディテイルにも注目です。
この角度から見た映えが最も3rdらしいです。衿の大きさや形状は3rdを格好良く見せるセールスポイントです。フラップポケットの存在もまたアメリカ服っぽいですよね!来週からはまた寒波の来襲で寒くなるようですが、デニム人気は増々加速していきそうです。
2022年1月12日「お馴染みウエアハウスの新作」
以前にご紹介差し上げたLot.2123"GRUMMAN"N-1ジャケットに続き、今回はこちらをピックアップ!
Lot.2181 NAF-1168 N-1 Winter Jacket/U.S.NAVY PRINTED MODEL
一見、見慣れたカーキのN-1デッキジャケットですが、これもまたウエアハウスらしくかなりレアなモデルのリリースです。
背面に"U.S.NAVY"のリフレクタープリントが施されています。本来、カーキカラーのN-1は2ndモデルと呼ばれ、背面は無地で左胸に"USN"が記されているだけです。ところがウエアハウスがリリースしたこれは、ダークネイビーの初期型N-1デッキJKTと同じディテイルを持つカーキカラーなのです。個人的には背中のプリントより袖裏にまでアルパカファーが張られている初期型と同じ作りに魅力を感じます。ヴィンテージを探してもまず出てこない希少なディテイルです。どのライバルブランドもしない激レアな仕様...流石、ウエアハウスですね!
今回の企画に合わせて仕込まれたジャングルクロス(ネイビー&カーキ)やアルパカファーライニングの制作には相当なコストがかかっていると思います。ヴィンテージアメカジ市場が成熟している今の時代は、いつでもどこでも買える物より次に出るか否かが分からないアイテムの方が希少で、高額でもその理由が定かであれば欲しくなるという物です。生産数が少なく入荷も遅かったこのN-1カーキもそんな商品です。
2022年1月10日「何かとベスト!」
以前に取り上げたこのベスト...M.Freedomコラボアイテムだけに注目度が高く店頭でも人気です。ベストの良さは何と言っても"気軽さ"です。特に冬アウターとして作られたこの手のベストは実用性が高く重宝します。
Mister Freedom x Sugar Cane "HOOPER" DENIM x CORDUROY"SONNY"PUFFER VEST/SC15200
リバーシブルだから『2度おいしい!』気分を変えて着られるのがイイですね。留めたり外したりと意外と使うフロントボタン。丈夫なスナップボタンは煩わしさがなくてベストマッチ!
一昔前は冬ベストと言えばダウンベストでしたが最近は中綿が進化し軽くて温かいマイクロファイバー製が主流です。ダウンに負けないボリューム感もあるのでチープ感が在りません。ベストの在るコーディネイトスタイルはハマると病みつきになるようです。イン(室内)&アウト(屋外)で着っぱなしが出来る万能アイテムです!
2022年1月9日「ウエアハウス最新作!42年型大戦モデル入荷!」
今や手に入れるのが難しいウエアハウスのデニムですが新年早々に最新モデルが入荷しました。彼等の最高峰レーベルである”Dead Stock Blue”の逸品です。
Lot.S1003XX 1942Model.
かすかに見えるRedペンキステッチ...何故、赤だったのかは解りませんが恰好良すぎます!
ポケット袋布はライトオンスデニム。ブルーシャンブレイやオリーブHBT、そしてチェックのネルクロスなど様々な仕様が存在したこの部分ですがデニムと言うのはまた面白いですね。
そして1930年代で廃止になったと云われている股リベットが付く珍しい仕様です。ウエアハウスでは実在のヴィンテージを範に復刻した訳です。超レアなデニムですね!ヴィンテージに近い風合いや色合いが楽しめる"Dead Stock Blue"は正にレプリカジーンズの最高峰ではないでしょうか。是非、穿き込んで育て上げて下さい。
2022年1月7日「モノクロが映えるレプリカMA-1のヴィンテージ感」
寒い日が続いていますね、今こそアメカジアウターが着れる絶好の機会!皆さま、楽しんでおられますか。普段、いろいろなアイテムを紹介していますが今回はモノクロームで撮影したMA-1を取り上げました。
 
 
 
見慣れたMA-1もモノクロームで見るとまるでヴィンテージのように映ります。それだけ完成度が高いと云うことです。米空軍でMA-1が採用されたのは1950年代初頭ですがその時期はカラーフイルムが台頭し始めた頃...それでも記録写真の多くはまだまだ白黒写真でした。
モノクロで撮ってカッコイイ洋服はアメカジヴィンテージぐらいではないでしょうか。経年変化で遣れたニットリブや擦れで剥離したエアフォースインシグニア、紫外線で焼けたナイロン生地など、レプリカでも十分に楽しむことが出来ますよ。温かく着れて真冬に重宝するTYPE MA-1を貴方も是非、手に入れて下さい。