ここは私のつぶやきページ
洋服の話だけではなく、いろいろな話題で盛り上げたいと思います。
オンオフを問わず、つぶやきますよ(笑)

◆過去のつぶやき
あれこれつぶやき(2016年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2017年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2017年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2017年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2017年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2017年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2017年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2018年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2018年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2018年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2018年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2018年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2018年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2019年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2019年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2019年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2019年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2019年9月〜10月)
●2019年11月〜12月
2019年11月11日「究極のA-2と云っても過言ではない」
この秋冬シーズンにも様々なTYPE A-2をご紹介しておりますがペイントやクラフトパッチなどのカスタムが施されたカスタムモデルは極希少な存在です。バズやトイズマッコイから毎年カスタムモデルが登場しますが、"Heavenly Body"はその究極と云っても過言ではありません。
TYPE A-2 TOYS McCOY MFG.CO."HEAVENLY BODY"
あのヴァーガスガールがモチーフとなったヘヴンリィボディ。勿論、実在した描写です。バックペイントA-2を着るのには多少の勇気が必要ですが、一般目線ではプレーン(無地)もカスタムもA-2を着ること自体が同じアメカジスタイルなのです。だから私は全く気にしない。着たいデザインで着る!MA-1やB-10も一緒です。以前、ブログでインスタ上で多くのカスタムA-2が取り上げられていることを記載しました。私もバックペイントA-2を所有していますが、プレーンには無い「特別感」「優越感」「満足感」を体感しています。あの岡本氏が描きおろした力作。プレミア性も大いに持ち合わせた逸品だと思います。
2019年11月8日「名品、バーミンガムの冬バージョン!」
サウンドマン...最近では雑誌「CLUCH MAGAZINE」にも掲載されていますのでご存知の方も増えてきたと思います。ブランド誕生から20年が経過する老舗、ワークウェアとミリタリーウエアを融合させたデザインで落ち着いた大人の服が多いブランドです。中でも看板なのがバーミンガムの名称を持つカバーオール風のジャケット。当店でも昨年の秋冬からずっと展開しています。このバーミンガムに冬素材が奢られたモデルが次の画像です。
ざっくりとしたコートの様な厚手の生地は綿100%。生地の表情が良いですね!
わりと地厚な生地ですがライニングが無いので気軽に羽織れます。A-2同様、衿の存在感がチャームポイントのひとつです。
スクエア型のチンストラップ?を留めた状態。ミリタリーな雰囲気がありますね。ボタンはメタル製で力釦を介して付けられています。
袖カフスのデザインや裾ポケットは正にカバーオールジャケットです。このシンプルなデザインとバランスの良さが定評でベストセラーアイテムとなっています。世の中には様々なワーク系ジャケットが在りますが安心できるアウターです。寒い季節、なにかと頼りになる一枚です。週末の掲載を予定しておりますが、公式ホームページの「クロージングストアスピリッツ」で購入できます。
2019年11月7日「衿で決まるA-2の個性」
いきなりですが今シーズン、私が手に入れたバズリクソンズのTYPE A-2(BR80532)の画像。
まだ店内で1~2回着用しただけ。それでも衿の形状を癖付けしたり要所を揉みこんだりして自分のA-2に育てる儀式はしています。
ラフウェアベースなので衿は台衿でしかも大き目。さて、ここからがポイントです。衿先が下にどろーんと垂れ下がって見えるのはヴィンテージそっくり!私がこのA-2で一番気に入っている部分がここです。同じラフウェアベースでもここまで雰囲気が出ている衿は他ブランドでは見当たりません。あえてふれなければ分からない話ですが、A-2は元々コアな趣向品です。誰でも「ここが一番好き」っというポイントが在ると思います。今夜も一杯飲みながら自分のA-2をマジマジと観察してください(笑)
2019年11月4日「これも軍物ワークウェア」
実店舗へ来店されるお客様方のスタイリング、夏から秋に変わり始たこの時期は本当に楽しく拝見させていただいております。同じミリタリー、見慣れたワークウェア、定番のデニムですが、「こんな着方があるのか!」「あのひと、カッコイイなぁ」...かなり刺激を受けます。
A-2スタイルが多い私ですが、ワークスタイルやデニムも大好きなのでこんなアイテムもチョイスします。アメカジ衣料の中では昔から存在する超定番アイテムですが、余り人気があるわけでもなくマイナーな存在です。恐らく「どう着たらいいのかが分からない」「どのタイミングで着るのか分からない」それが理由でしょうか。
そこでアドバイス!気候に合わせてアウターで着たり、寒くなればインナーアウターで使えば良いのです。インナーアウターとはこんな着方です...Tシャツ+シャツ+このデニムパーカー+本当のアウター。本当のアウターとは杢カバーオールやショップコート、B-10やN-1なども合わせてしまいます。何にでも合わせられるのがデニムパーカーの強みです。なにか「独断アメカジコーディネイト術」と変わらない記事になってしまいました(笑)
2019年11月3日「この冬に欲しかった1本です」
最近、「おっ!」と思うパンツが無かったのですがこの1本は展示会で見た瞬間で欲しくなりました。シュガーケーンの中でもクラシック寄りなアイテムを揃えるFICTION ROMANCEのアイテムです。
11oz. SATEEN CHECK FORESIDE POCKET PANTS SC41875-139
織りでグレンチェックが表現されている珍しい生地です。このパンツ、「おっ!」となりますよね!
 
引かれたのは生地だけでは在りません。ややゆったりとしたシルエットやネーミングのとおり、趣向を凝らしたポケットの配置も個性的です。勿論、シールブラウン&ラセットブラウン、どちらのA-2にも雰囲気よく合わせられます。当店でのサイズ展開は、30,32,34inの3サイズ。元々奇数サイズは設定が在りませんでした。先ずは店頭でご覧ください。
2019年11月2日「お気に入りの1着」
今年は冬の訪れが遅くまだまだ出番はありませんが、真冬になると必ず袖を通すのがこのジャケット。
N-1 DECK NAVY です。皆さんもご存じのとおりN-1デッキと言えばカーキ色が浮かびます。メーカーの生産実績も圧倒的にカーキが多いのでネイビーのN-1はむしろマイナーな存在でしょう。勿論、そんな比較話はB-15CとMA-1にも当てはまります。1944年の1年しか生産されなかったネイビーより朝鮮戦争後までの10余年間採用されたカーキの方がイメージなのは仕方がないこと。
それでもマイナー物が好きな私はネイビーがダントツに好みなのです。今年もバズリクソンズから入荷する予定です。楽しみですね!
2019年11月1日「消費者還元キャンペーンスタート!」
早いものでもう11月、あと2か月で2019年も終わりです。今日のブログはキャンペーンのご案内です。
今一番耳にするのがキャッシュレス消費者還元事業とPayPayです。前者は経済産業省が行う事業で消費税増税による税負担の軽減とともに、キャッシュレス決済の普及を狙ったものです。後者はスマホ決済アプリでヤフーとソフトバンクが親会社。この二つが導入されたことでオンラインショッピングが大きく変わってきました。オンラインショップを営む私達もこれら時代の流れは無視できません、大垣の実店舗はキャッシュレス消費者還元事業参加店扱いですが、オンラインショップ上は未だ対称外です。尚、現在ヤフーウォレット決済導入の手続きを進めておりますので導入されるとTポイントやPayPayポイントを利用したお支払いも可能となります。

そんな中、スピリッツが運営する2店舗「タフネスワークウェアコム」「クロージングストアスピリッツ」では、上記の事業同様、会員様にお得にショッピングを楽しんで頂くキャンペーンをスタートしました。現在は冬のアウターに絞った商品構成ですが、新入荷商品も含めた斬新な企画です。今後もアイテムが増えていく予定ですので是非ごチェックしてください。尚、ご利用にはログインIDとパスワードが必要です。