ここは私のつぶやきページ
洋服の話だけではなく、いろいろな話題で盛り上げたいと思います。
オンオフを問わず、つぶやきますよ(笑)

◆過去のつぶやき
あれこれつぶやき(2016年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2017年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2017年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2017年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2017年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2017年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2017年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2018年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2018年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2018年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2018年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2018年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2018年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2019年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2019年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2019年5月〜6月)
●2019年7月〜8月
2019年7月19日「OR-1002の穿き方」
オルゲイユ定番モデルのクラシックLowトラウザース(OR-1002)が入荷しました。創成期から出ているのでかなり息の長いモデルです。細身のテーラードスタイルですが、ウエスト周りは緩めなので体型を選びません。
ORGUEIL Classic Low Trousers(OR-1002)¥26,000+税
タック(プリーツ)こそありませんがシンチバックとサスペンダー釦を備える1920年代初頭をイメージしたデザインです。イメージどおりに着こなすのなら、シャツとベスト、あるいはシャツとジャケットが妥当ですが、私はラフに着るワークスタイルも気に入っています。
左画像がその着こなし例ですが、トップスにタフニットのW-1008バンドカラーシャツを合わせました。ウェストはベルトではなく、サスペンダーを使用。こんなラフスタイルなら夏前のこの時期にも丁度良いと思います。OR-1002の当店での取り扱いは4年目を迎えますが毎年、全サイズが完売する人気モデルです。その理由...多分、合わせ易さもあるのでしょう。大人に向けたパンツです、貴方流に履きこなしてください。
2019年7月18日「価値観」
1年、3年、5年...単位は其々ですが今、世の中は刻一刻と変わっています。特に消費の鈍化は顕著でそれはアメカジ衣料も同じです。例えばレプリカジーンズ...いろいろなブランドが拘り抜いて作る正にアメカジ衣料の象徴ですが、今の時代は「拘っているからこそ魅せる魅力の数々」を見つけられない人が増えているように思います。

原因はどこでしょうか。

アピールしきれていないメーカーや私達ショップにその責任が在ると私は思います。「売れていたこと」に胡坐(あぐら)を掻(か)いていたのです。今日の「あれこれつぶやき」は見落とされていたアメカジ衣料の魅力をウエアハウス1001XXの画像4枚で振り返ってみましょう。
例えば1001XXはウエアハウスの顔...1001XXの印字にどれだけのステイタスを覚えたことでしょう。
刻印入りのタックボタン。ここには必ずブランド表記がされますがそのどれもあのL社をイメージしたものです。次のカッパーリベットと並びダブルエックスジーンズを象徴するアイデンティティなのです。
 
勿論この赤タブもそう。レーヨン生地にレーヨン糸で様々な表記が施されます。これらは穿いて洗うを繰り返す日常のライフワークで確実な経年変化を齎す拘りのディテイルですが、それらが魅せる魅力の片鱗でさえも伝えきれていないのが今の時代です。

売れていないのは時代のせいばかりでは在りません。届ける(伝える)努力を怠った作り手と売り手がそうさせているのです。「自動車」「高価な家具」「腕時計」「ブランドバッグ」...世の中、売れていない物が溢れています。その責任は一緒...届ける努力が足らないから商品の価値が伝わらないし、お客様もそれを見つけることが出来ないのです。さあ、もう一度みんなで頑張ろう!明るい日本の未来のために。
2019年7月13日「アロハシャツが着たい時期」
もう間もなく梅雨明けでしょうか。気分はすっかり夏ですね!この時期になると着たくなるのがアロハシャツ。色とりどりのハワイアン柄が見られます。

 

店内にはアンスリュームの鉢がありますがこれで気分もぐっと盛り上がります。アンスリュームは尾っぽのように伸びた棒状の部分が花になります。その下の赤い部分がハート型なので「HEART OF HAWAII」と呼ばれています。なんともハワイアンな話ですね!
夏の日差しが似合う赤いアロハは特にオススメです!SUN SURF SS38037 "OCEAN TOY BOX"
本日、ウエアハウスのローカットキャンバススニーカーが入荷しました。人気ですのでお早めにどうぞ。
2019年7月12日「至福の1枚」
今日のブログで取り上げるのはこの1枚!
トイズマッコイ ミリタリープリントTシャツ"THE BORN FLYERS"
アメカジファン...特に大戦期のフライトジャケットが好きな貴方ならご存知のB-17が描写された最高の1枚!空飛ぶ要塞(フライングフォートレス)の愛称で知られたボーイング社のB-17F戦術爆撃機には、パイロットの他、ナビゲーターや機銃手、爆撃手、エンジニアなど多い時は60名を超える兵士が同乗していました。
誇らしげに描かれた第8空軍章...ドイツ軍を相手に果敢に戦った英雄たちはマイティーエイトファイターと呼ばれていました。映画「戦う翼」で見せたマックイーンの勇士、敵の銃弾を浴びて瀕死の状態で帰還したメンフィスベル号を描いた「メンフィスベル」...それらを何度も見入った方は数知れません。彼等が纏った同じフライトジャケット...Type A-2に袖を通すことが最大のカッコ良さなのは今も同じですね!そのB-17をユニークなアートで描いたトイズマッコイならではの1枚です...是非、手に入れてください。
2019年7月9日「いつ手に入るかわからない時代」
先日、ウエアハウスのジーンズの中のフラッグシップモデル!1001XXが入荷しました。2〜3年前ならメーカーも切らすことなくストックしていたのですが、今ではそれも通用しなくなっています。ウエアハウスのラインナップが増えたことが最大の理由だと思いますが、一方で時代がそうさせているのも事実です。今回の入荷分は秋冬展示会の発注分ですが、たまたま工場から上がったようなので、手に入れる(入荷する)ことが出来ました。でも秋以降の確保はどうすれば???
WARE HOUSE 1001XX 13.5oz ¥21,000+税
これは私物の32inを穿いた画像、今日撮ったばかりです。穿き始めて3か月ぐらい...太陽の下ならかなりスレや色落ち(ひげ)が出ています。私は今までウエアハウスのジーンズだけで15から20本くらい穿いてきました。13.5オンスのこの生地と度が過ぎないシルエットが一番好きです。それはこれからも変わりません。そして昨夜の酒の肴はこちら
煮物、枝豆、メインはロース。
このローストビーフはコストパフォーマンスが最高!USAビーフを使っているので300円(一人)くらいで収まります。夏はわりと頻繁に登場しますが意外と冷酒に合うのです(^^)
2019年7月7日「梅雨明けの予想時期」
今日、梅雨明けを予想したニュースがありました。ここ東海地方は7月23日ごろのようです。今年は前半は雨が少なく後半によく降ったメリハリのある梅雨ですね。梅雨明けが待ち遠しいです。さて待ちに待ったのはトイズマッコイのプリント半袖Tシャツ。なんと期中に企画された超新商品!その入荷の第1弾です。
TMC1940 WILD GADGET ¥7,800+税
トイズマッコイらしさが出たボディカラーが新鮮!カモパンやオリーブのBDUパンツに合わせて着るとカッコイイです。XLまで入荷していますので是非、チェックしてください。Twitterに動画を掲載しましたので宜しければご覧ください。
2019年7月5日「DAYパック、お持ちですか?」
今日のブログは洋服ではなくバックの話。今まで様々なジャンルのBagを手掛けてきたコリンボ。今回、日常で使えるDAYパックがデビューしました。前シーズンにカモフラージュ柄が在りましたが基本的には同じタイプです。
Colimbo LUNA PARK 3DAY ASSAULT PACK ¥11,000+税
カラーはブラックとコヨーテタン。※コヨーテタンは着用画像よりも商品画像の方が近い色です。
背負ってみるとこんな感じ。わりとボリュームが在ります。世界的に有名なDAY PACKと云えばグレゴリーですが、あちらの容量は26L...コリンボのこれはもう少し大きいと思います。
ジッパーで開閉できる部分は3か所。表側のポケットと前室(内ポケット2か所在り)と主室(内ポケット1か所在り)から構成されるシンプルなデザイン。マチ幅を調整するためのストラップがサイドに付属しています。休日のレジャーは勿論、通勤や通学など様々なロケーションで使えると思います。価格も比較的控えめですので、ちょっと雰囲気を変えるには良い機会かと思います。
2019年7月4日「ウエアハウスらしさ満点!」
九州南部と熊本を中心とした記録的な大雨も今日はやや落ち着いているようですが、土砂災害なども心配されます。週末はまた雨のようですので引き続き警戒してください。
さて、一昨日から販売がスタートしたタフニット・W-1008は本日、出荷させていただきました。今のところ、ネイビーの人気がトップ...杢グレーの動きが心配でしたが、わりと貢献しておりました。オートミールがイマイチなのは着用画像がなかったからでしょうか。近日中にコーディネイト例を掲載しますので宜しくお願いします。
ウエアハウス 2ND-HAND Lot.4064 FAYETTEVILLE ¥4,800+税
左から、チャコール、グリーン、クリーム。ウエアハウスでチャコールは珍しいですね。スミクロやブラックよりは薄い色なのでやはりチャコールですね!2ND-HANDの良さは、適度なユーズド感。白(オフホワイト)ではなく、クリームであるところもポイントです。今回ここで取り上げた”FAYETTEVILLE”は明日の掲載を予定しております。
2019年7月1日「タフニット W-1008の詳細」
以前のつぶやきでご紹介したタフニットの新作、W-1008が入荷しました。現在、商品ページを制作中ですのでもう暫くお待ちください。今日は先だって要点を記載します。
TOUGH KNIT 5分袖 W-1008 Band Collar Union Shirt NAVY,OATMEAL,GRAY ¥7,200+税
一見はヘンリーネックTシャツですがコンセプトではバンドカラーシャツになります。通常、ヘンリーネックTシャツはの衿はバインダーネックと呼ばれており、フライス生地を3つ巻きまたは4つ巻きのラッパ(アタッチメント)を使用して縫製したものですが、W-1008ではシャツのように表裏二つの衿を重ねて縫い付けるシャツの手法で仕上げています。そうすることで衿が立つのです。バンドカラーと呼んでいる由縁です。
使用しているシェルボタンは衿部を含めて6個。ヘンリーネックTシャツは3個が多いので、ここもW-1008の特徴です。余談ですが本来シャツのボタンは台衿を除き5個が多いです。W-1008はバンドカラーシャツなのでシェルボタンも同じ数を使用しています。この二つが云わば拘りのディテイルです。
生地は勿論、日本製でコットン100%の裏パイル生地を使用しています。生地の厚さとしては通常の半袖ヘヴィウェイトTシャツと同等ですが、パイル生地は肌に密着しない特製ですので涼しく着られます。5分袖なので今の時期は勿論、真冬以外のインナーにも使用できます。ほぼ々オールシーズンで着れるのが使い勝手の良さです。5分袖の長さは丁度、肘関節の下ぐらいで長袖シャツをロールアップして落ち着く位置を想定しています...それもまた着易さの一因です。他ブランドでは殆ど見ないオリジナル企画です。是非着てください。このW-1008は多くの方に着て頂きたいという想いから出来る限りの価格に抑えました。

商品ページへの掲載日が決まりましたら事前にメルマガで配信させて頂きます。先ずは兄弟ページの「今日のっ!」でスタッフ森井がLサイズを着用していますのでご覧ください。