ここは私のつぶやきページ
洋服の話だけではなく、いろいろな話題で盛り上げたいと思います。
オンオフを問わず、つぶやきますよ(笑)

◆過去のつぶやき
あれこれつぶやき(2016年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2017年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2017年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2017年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2017年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2017年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2017年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2018年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2018年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2018年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2018年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2018年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2018年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2019年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2019年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2019年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2019年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2019年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2019年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2020年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2020年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2020年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2020年7月〜8月)
あれこれつぶやき(2020年9月〜10月)
あれこれつぶやき(2020年11月〜12月)
あれこれつぶやき(2021年1月〜2月)
あれこれつぶやき(2021年3月〜4月)
あれこれつぶやき(2021年5月〜6月)
あれこれつぶやき(2021年7月〜8月)
■2021年9月〜10月
2021年10月19日「ラセットA-2をカッコ良く着る法」
昨日から一気に寒くなりました!やっとですね。そんな中、お隣の滋賀県(N-1デッキ)、福井県(ベトジャン)からお越し頂いたお客様、お買い上げ頂き本当にありがとうございます!さて、今日のつぶやきはやっと着れる様になったTYPE A-2のお話。今季も入荷したバズのラセットA-2...なかなか人気です。羽織ってみました!
Buzz Rickson's TYPE A-2 ROUGH WEAR CLOTHING CO. (AC-18091) BR80595-01
他社が出さないラセットA-2は希少な存在です。こんなにカッコイイのに何故、世の中はシールばかりなのでしょうか???
BUZZ RCKSON'S AVIATION ASSOCIATES O.D. HERRINGBONE ARMY HAT / BR02537-149
でここで使っているのがオリーブのアーミーハット。アーミーハットと言えばデニムが本筋ですがオリーブH.B.T.もまたカッコイイのです。特にラセットブラウンとの相性は抜群!デニムアーミーハットを被るよりこちらですよ!是非、ラセットA-2とセットでご購入下さい。木曜日に掲載します。
2021年10月17日「東洋らしさ満載の2アイテム」
秋冬シーズンでは様々なアウターが入荷してきます、アメカジフリークにとっても正に醍醐味!最高にワクワクするシーズンの到来です。今日、取り上げる2型のベトジャンはテーラー東洋ならではの特異なアイテムです。
 
Tailor TOYO・Mid 1960s Style Vietnam Liner Jacket "DRAGON"/TT14899-119
薄手のキルトライニング生地は意外に温かい!Gジャンより引っ張れるし元々ライナーなのでインナー使いで着ればかなり引っ張れます。
 
Tailor TOYO・Mid 1960s Style Vietnam Liner Jacket "DRAGON"/TT14901-149
オリーブのこのモデルはなんとリバーシブルで着れるお得なスグレモノ!両面で刺繍が入るなんて豪華過ぎます!

今回のベトジャン2型、メーカーのオンラインショップでは既に完売です。マニアックなアイテム程、品切れが早いもの。間もなく掲載いたします。
2021年10月16日「実用本位!一番着るヤツ」
本当かどうか???明日から冷え込むと聞いています。もし本当に寒くなれば必要になるのがこんなアイテム。
 
BUZZ RICKSON'S ZIP SWEAT SHIRT"US ARMY AIR FORCES" ¥12,800+税
カラーはH.グレイとネイビーを用意しました、明日の掲載を予定しております。
2021年10月15日「揃っているうちにどうぞ」
今日、バズやシュガーケーン、テーラー東洋など、かなり多くのアイテムが入荷しました。東洋エンタープライズ社のアイテムとしては今回の入荷で秋冬物の殆どが揃った感じです。いろいろご紹介したいのですが今日はこのモデルから。
Buzz Rickson's Type N-1Khaki "NAVY DEPARTMENT DEMOTEX-ED"/BR12032
Buzz Rickson's Type N-1NAVY "NAVY DEPARTMENT DEMOTEX-ED"/BR12267
そうです、N-1デッキJKT...どちらも米海軍の艦艇乗務員への支給品。アメカジでも毎年人気の不変のアイテム!いつの時代でも冬アウターと言えばN-1デッキジャケットが筆頭に上がります。今年は例年より早い入荷となりました。今度の日曜日から急に寒くなる様なので是非、見にいらしてください。
2021年10月12日「本日入荷!」
今や入手が難しいウエアハウスのデニム商品ですが本日、1STデニムジャケット・2001XXが入荷しました!
WAREHOUSE Lot 2001XX TYPE 1 DENIM JACKET
ウエアハウスと言えば様々なデニム商品をコンセプト別に展開し多くのファンに支持されている生粋のデニムブランドですが、今回の2001XXはその中でも核となるポジションの13.5ozデニムのシリーズです。2001XXにおいてはシルエットも癖が無いのでサイズ選びや着こなしで悩むことも在りません。『そこまでのマニアじゃないけど1STが欲しい!』そんな方が選びやすい1枚です。今回は36in〜42inまでの4サイズで入荷しております。
2021年10月11日「革フェチが喜ぶ茶芯レザー」
このところ取り上げている"666Leather Wear"には往年の革フェチが泣いて喜ぶ茶芯革もラインナップしています。マテリアルはホースハイドとウールシープレザーの2タイプです。どちらも渋鞣しされた生粋のヴィンテージレザーで黒革ならではの顔料フィニッシュで仕上げられています。
この1枚はイギリス産ウールシープで作られたダブルブレストライダースです。1.4mm厚ですが馬革のA-2より軽く柔らかな風合いです。本来、ライダースジャケットはその名のとおりバイクライディング用です。
 
なのでバイクユースを前提にしたディテイルが目立ちます。体温の低下を抑えるために風の侵入を抑える作りになっています。ライディングを妨げないように身体へのフィット感を重視した設計...肩ヨークや背面裾のラウンド形状もその為です。私達が愛用しているTYPE A-2がパイロットの為のユニフォームであるように、ライダースジャケットもまたバイカー達の道具として作られた歴史の産物です。茶芯革の魅力は既にご存知の方も多いと思います。私の場合、色の補修は靴墨を使います。A-2のように茶革でないので補色メンテナンスも違います。黒塗りのブーツを手入れする要領で楽しめるのが魅力です。
2021年10月10日「こんな革ジャンも在ります!」
昨日ご紹介した"666 Leather Wear"にはこんなモデルも在ります!いわゆる衿付きシングルライダースです。1930年代にはスポーツジャケットの愛称で人気を博したスタイルですが、"666 Leather Wear"では『MAYWAYMAN』と呼ばれています。
 

ボールチェーンスライダーの胸ポケットとハンドウォーマーとして使いたい裾の箱ポケット、アクションプリーツを持たない背面などシンプルなデザインですね!これならアメカジでの日常スタイルで使えます。1.4mm厚のステアハイド(牛革)は驚くほどしなやかで軽い着心地です。これでなんと¥82,000+税と破格です。明日、商品ページをご用意いたします。
2021年10月9日「見落とさないで!入荷案内です」
今日も暑かったですが、気温に関係なく秋冬物が入荷してきています。今日のつぶやきはストレートに『入荷案内』をお伝えします。
TROPHY CLOTHING / 2 Face Mountain Jacket TR21AW-504
昨日取り上げたトロフィーのジャケット。商品ページを見ると作り込まれた感が伝わってきます。リバーシブルですが全く違う2枚のジャケットを所有している気持ちになれます。これだけで冬が乗り切れそうです。
666 LEATHER WEAR UK Style Side Belt Riders Jacket / SREERHIDE "LJM-1"
以前にとりあげた"666レザー"のライダースジャケットです。本日は一番のフラッグシップモデルを掲載しました。この他にも衿付きシングルや茶芯のシープレザーもの、ファッショナブルなダークブルーカラーなど、数型が入荷しています。随時、掲載していく予定ですので楽しみにしていてください。
SUGARCANE COTTON TWILL CHECK WORK SHIRT / SC28742
そして数日前に掲載したシュガーケーンのチェックシャツの別バージョンです。ブルーは前回と良く似ていますね!105)OFFが新鮮です。今後の秋冬チェックシャツはウエアハウスのネルシャツですので今在庫のある、シュガーケーンも要チェックですよ。
以上、本日は入荷管内でした。尚、来週にはYouTube版もアップする予定です。
2021年10月8日「今の時代、一番使えるかもしれない」
アメカジスタイルを様々な視点から具現化してくれるトロフィークロージング。今日取り上げるのはこんなジャケット。
 
" 2 Face Mountain Jacket " Color:Black/Black
一見、良く在るパイルジャケットですが嬉しい点がいくつも在ります!しかも本当に良く出来ています。先ずは利便性...表裏のどちらの面で着ても大満足です。シチュエーションに合わせて着用できるスグレモノです。そして嬉しいのは価格設定で¥33,000(税別)でこの作りと機能性はアメカジブランドとしては異例のプライス!明日、商品ページを掲載しますのでもう暫くお待ちください。
2021年10月4日「こんなスウェットシャツを待っていました!」
まだ日中は暑いですが店内は徐々に秋冬景色になってきています。今日はミリタリーライクなスウェットシャツを取り上げてみます。バズリクソンズの新作の一つで王道のセットインスリーブモデル"ARMY AIR FORCES/BR68832"です。
113)H.GRAY
128)NAVY
131)OATMEAL
バズのデザインは分かり易いものばかり!軍のQMで販売されていたようなシンプルなモチーフばかりです。裏起毛されたヘヴィな生地をフラットシーマーミシンで縫製するセオリー通りの軍物スウェットです。他ブランドでは見ないバズらしいデザインです。TYPE A-2のインナーに着る為に誕生したようなスウェットシャツですね!お薦めです!
2021年10月2日「ネルシャツ感覚で羽織れる頼れる1枚」
昨日に続き今日のつぶやきもシャツのネタ。本日入荷したのはS.Caneのツイルチェックワークシャツ
SUGARCANE TWILL CHECK WORK SHIRT/SC28746
カラーはネイビーとワインの2カラー。フラップを持たない胸ポケットと猫目ボタンなど安心のワークシャツデザインですね。
 
 
最後の画像は生地の裏側です、ボタンホールの前立ては生地表で起毛されているのが分かります。その左側の身ごろ裏を見ると起毛されていない地の目が見えます。一見ネルシャツに見えるツイルチェックシャツは全く違うシャツなのです。それでも適度に地厚で触り心地は柔らかく、着古した古着のような風合いです。同じワークシャツでもデニムやシャンブレイより温かくGジャンより早くに着れるのでこれからの時期に重宝すると思います。今回はS〜XLまでの4サイズで入荷しております。商品ページの掲載は明日を予定しております。
2021年10月1日「秋はシャツから」
新総裁の誕生で新たな時代の幕開けとなりました、いろいろな政策が期待されます。勿論、コロナ対策は最重要課題ですが、日本経済の立て直しも急務です。ピラミッドの上層部だけでなく、中間〜下位層までの様々な現場の声を直に聞き、国民が望む政策を進めて頂きたいと思います。
さて今日から10月・・・2021年残りは3か月です。『そろそろ秋かな』と思っていると直ぐに冬が来ます。今日、取り上げるのはこんなシャツ。
Fiction Romance (シュガーケーン)8.5oz WABASH STRIPE WORK SHIRT Red & Blue
半袖TEEシャツの上に羽織れる便利な1枚。アウター代わりになるので重宝します。M、Lのみ再入荷しております。そしてもう一つ・・・人気のスタンダードデニム"1947MODEL"も再入荷しました。インスタにショート動画(31in着用例)も掲載しております、注:画像の2枚目が動画ですのでお見逃しなく!)是非、ご覧ください。
"シュガーケーン・スタンダードデニム"1947モデル"
2021年9月30日「青(アオ)色の魅力」
前回のつぶやきで取り上げたシュガーケーンのブルーシャンブレイシャツ。その魅力を画像でお伝えするのは難しいのですが、そもそもbルーシャンブレイ生地の魅力はどこに在るのでしょうか。
ことばで言い表せば擦れや退色などの経年劣化、洗い込むことにより出るパッカリングなど風合いの変化となりますが『百聞は一見に如かず』の言葉のとおりでもあります。
 
 

同じ"青"でもデニムとは少し違う表情を魅せるシャンブレイ。糸番手や染色、織り方が違うだけですがこの独特な風合いと青さに引かれます。私はこれもまたヴィンテージアメカジの原点のひとつだと思っています。
2021年9月28日「心地良く羽織れる1枚」
ここつぶやきブログで登場機会が多いTYPE A-2も今の時期実際に着っぱなしが出来るかと言えばまだ早い。実用でいえば今着るのに最適なのはこんなアイテムでしょう。
SUGAR CANE BLUE CHAMBRAY WORK SHIRT(SC27850-421A)
このシャンブレイシャツは至ってシンプルな作りです。衿のチンストラップや裾のガゼットも省略されています。それでも3本針の環縫い縫製でしっかりと作られています。シャンブレイシャツは着用頻度が高いのでアメカジ衣料の中では消耗品の部類です。早い方なら4〜5年で買い替えています。洗う頻度が増えれば擦れやアタリによる経年劣化が顕著に出ますが、その過程は革ジャンやデニムを育てるのに似ています。すぐに10月ですね、秋風が心地良く感じられる1枚です。
2021年9月26日「サイズ選びにご注意を!」
秋が深まり、A-2が常用できる時期になりました。今日のつぶやきはバズリクソンズA-2・ラフウェアモデルにおけるサイズ選びの『肝話』です。
シールとラセット、このふたつのラフウェアA-2はまるで異なるサイズです。シールブラウン(BR80593)は1サイズ近く小さめなので通常のサイズ選びで購入すると痛い目をみるかもしれません。一方、ラセットブラウン(BR80595)は通常サイズと思っても問題ありません。次の2枚の画像はそれぞれを着比べたものですがシールが40in、ラセットが38inです。
このモデルは肩回り、胸上部、衿ぐりが通常より狭いので1サイズ上でしか着れません、40inなのに着丈は38in並みです。
ラセットはご覧のとおり通常のサイズです。他社と比較しても遜色ないサイズ感で着れます。両方の画像を見ても着丈や袖丈のサイズ差ほどの違いが見られませんね。ネット通販で購入する場合、『いつものサイズ』の感覚で選ぶとハマることが在りますのでご注意ください。
2021年9月25日「今から着れる2タイプの長袖シャツ...入荷編」
日中の暑さに反し朝夕の涼しさはすっかり秋の気配です。昼間は半袖TEEシャツで過ごせますが陽が沈むと袖モノがないと肌寒いほどです。そこで今日は入荷した2タイプのシャツのご案内です。
BUZZ RICKSON’S 1940's U.S.N. N-3 UTILITY SHIRT (BR28219-149)
Fiction Romance (シュガーケーン)8.5oz WABASH STRIPE WORK SHIRT(SC25551N-420)
全くジャンルが異なるシャツ同士ですがどちらもリアルヴィンテージなアイテムです。N-3シャツは洗い込むことでパッカリングでて風合いが増します。ウォバッシュストライプの経年変化はもうご存知のとおりですね!インディゴ生地の擦れや退色はデニムと同じ魔力があります。コロナ禍で入荷が少ないのはご了承ください。
2021年9月24日「Buzzミリタリーニットキャップの季節がきました!」
昨年も好評だったミリタリーニットキャップ。A-2やB-3、B-10やB-15、55-J-14やN-1などの大戦期のフライトジャケットは勿論、ブルーシャンブレイやチェックネルなどのシャツ関係、ミリタリープリントのスウェットなど、どんなアメカジアイテムにも万能です!
Buzz Rickson's U.S.N. WATCH CAP NAVAL
Buzz Rickson's A-4 MECHANIC CAP STENCIL
どちらもペンキライクなステンシルがカッコイイですね!シーズン時期には完売しますのでお早めにどうぞ。

2021年9月23日「A-10GLOVES...サイズが在れば朗報?」
アメカジスタイルの中でフライトジャケットを中心とするミリタリークロージングは1940年代(第二次大戦)から約10余年後の1960年代前半までがひとつの大きな区切りです。TYPE A-2やTYPE B-3などの革モノからL-2BやMA-1などのナイロン物へ代わる時期です。私達がアメカジファッションとしてそれらのジャケットを纏う時、決まって共にするのがA-3キャップやM-42ブーツ、そしてTYPE A-10グローブなどのアクセサリーアイテムです。

2020年代・・・アメカジブランドも様相が変わり、今ではそれらの小物アイテムもなかなか見られなくなりました。
 
ここに取り上げたA-10グローブは1940年代、戦闘機や爆撃機の搭乗員、特にパイロット達が愛用したグローブです。以前はバズやトイズでも手に入ったのですが、この数年は生産されていません。当店には8HサイズのみですがトイズのA-10グローブが僅かに残っています。在れば着こなしの魅力が倍増するのでお薦めです。ニット部分に損傷が在るので20%オフで販売しています。宜しければ是非、店頭でご覧ください。
2021年9月21日「希少、ラセットA-2」
アメカジのレザーアイテムの中でTYPE A-2が不動の人気で在るのはご存知のとおりです。各ブランドから毎年リリースされるA-2は、ほとんどが濃いこげ茶色(シールブラウン)ですが、茶革の魅力が楽しめるのはむしろ普通の茶色(ラセットブラウン)ではないでしょうか。
 
ここに取り上げる1枚はラセットブラウンの中では地味な色ですが経年劣化でそれなりの味が出ます。もう少し赤茶ならさらに楽しめると思います。シールには無いラセットブラウンならではの魅力をA-2の醍醐味として満喫できる色合いです。
2021年9月20日「A-2の袖リブ交換」
A-2は袖や裾にウールのリブニットが使用されているので長年の着用で様々な痛みが出ます。虫に喰われたり何かに引っ掛けて穴が開くなどです。私達が取り扱うアメカジブランドのA-2は、メーカーがニットリブのパーツを保管しているので修理対応が可能です。今回、お客様からご依頼頂いた袖リブ交換は既に廃業しているブランドの為、同じリブが手に入りません。たまたまストックしていた同じ赤リブが在ったのでそれで対応出来ました。
 
 
『直せばまた着れる!』そんな安心が控えているのもA-2の魅力です。
2021年9月18日「皺や擦れ...味が出たA-2 その1」
西日本に大雨を降らせた台風も東へ抜け、台風一過となった今日のつぶやきはこの1枚。
僅かに赤味の在るチョコレート色はいわゆるシールブラウン。体のラインを覚えた着皺が抜け殻のようです。近くで見れば擦れによる剥離も出ています。着始めて10年弱、袖ニットは換えましたがシールなので色が違います。まぁこれも"味"と思えば抵抗なし!只、ちょっとサイズ的に小さめなので買い直ししたい気持ちもちらほら・・・今年のエアロレザーA-2(BR80954)が似ている色なのでグラグラ来ています(笑)。
2021年9月16日「オリジナルカスタムでさらにグレードUPを」
A-2が半袖TEEシャツの上に羽織れるちょど良い時期になりました。今日、取り上げるのは先日お買い上げ頂いたバズリクソンズA-2です。プレーンモデルに施したパッチカスタム。
モチーフはアメリカ義勇軍(A.V.G.)です。様々な資料を見ると実際のA.V.G.もラセットブラウンのA-2が圧倒的に多いです。なので、バズのAC-18091を使用したカスタムはデッドストックのようにカッコイイですね。
”Hells Angels”のSQパッチと"C.B.I.戦区章"はレザークラフトハンドメイドで、大変お世話になっている"Canyon Leather Craft(キャニオンレザークラフト)"さんに制作いただきました。無地(プレーン)のA-2でも十分にカッコイイですが、ちょっとしたカスタムを施すことで、さらに高い満足が得られます。何と言ってもお客様と相談の上に完成したオリジナルモデルですから。
2021年9月14日「エアロレザーA-2の特徴は」
3型のラフウェア、1型のエアロレザー、これが今季のバズリクソンズA-2ラインナップ。ラフウェア社については他のライバルブランドも一様に手掛けていますが、エアロレザーモデルはバズリクソンズだけです。非常に希少な存在です。
Buzz Rickson's TYPE A-2 BUZZ RICKSON.CLO.CO. (42-18775-P) BR80594-01
エアロレザーA-2と云えばマスタードライニングやレッドリブが代名詞ですが、他にも特徴が見られます。
衿が直接身ごろに付けられる台衿無し仕様とドットボタンです。台を持たない衿も至って大型で男らしい力強い衿周りのフォルムを見せます。コバステッチ幅が狭いので衿の大きさがさらに強調されますね。そしてドットボタン、この画像はポケットフラップ部ですが衿を留めるボタンも同様です。MIL-SPECに準じた15.24mmのドットボタンは通称ミリタリードットと呼ばれ、多くの軍用装備で使われています。他のA-2ではボールスタッドタイプと呼ばれる四つ割れホックなので、エアロA-2のドットボタンは大きな個性ですね!そしてここも見逃せません!
エポレット部分を見ると革の裏側(コバ処理)が解ります。バズのラフウェアA-2や他ブランドの殆どがコバに濃い下地色を入れていますが、このエアロモデルは素色に近いですね。経年変化で顔料塗料が剥離するとこの下地が出ます。エアロのシールブラウンの経年変化はヴィンテージA-2を彷彿させてくれます。こんな作りのディテイルが楽しめるのもバズリクソンズの拘りの一つです。
2021年9月14日「色の違いを確認」
先週にすべてが揃ったバズリクソンズ・A-2を一度に見比べるとこんな感じです。
左)ラフウェア・AC-18091ラセットブラウン、中)ラフウェア・AC-23380シールブラウン、右)エアロレザー・42-18775-Pシールブラウン
商品ページで掲載している画像とは環境が違うので全体の色合いや色ノリが異なりますが、ラフのシールとエアロのシールに差があるのが分かります。一緒に並べないと分からないレベルです。
2021年9月12日「今年は黒が熱い!」
先日、掲載したトロフィークロージング・2605ホースハイドジャケットは週末の店頭でも一番注目されていたアイテムでした。見た目がカッコイイだけでなく着心地の良さや先々の経年変化が楽しめるなど、魅力が多いのが人気の理由だと思います。そんな興奮が冷め止まないまま、今夜、取り上げるのはこんなアイテムです。
Buzz Rickson's William Gibson Black A-2
ベースは1942年型ラフウェアですが、ウィリアムギブソンのネームが追加されています。そもそも黒革のA-2は軍用としては存在していないので、A-2の利便性と恰好良さを活かした民間用と思えば良いのです。例えば『黒い革ジャンが欲しい』『ライダース以外でバイクユース兼用で着たい』など、そんなお客様のニーズに合ったレザーです。がしかし・・・
肩のエポレットの断面を見ればタダ者ではないのが分かります。この馬革は茶芯革、しかもセミアニリンフィニッシュです。そうなれば自ずと楽しい経年変化が待っているのが解ります。"ブラックレザーを着て育てる"そんな熱い想いにも応えてくれるレザージャケットです。黒いことでミリタリー枠から外れて着れる1枚!存在感の強さも魅力です。※明日の掲載を予定しております。
2021年9月10日「今季のダークホース!」
昨日お知らせしたトロフィークロージング・Lot.2605ダートデニムジャケットは、かなり速いペースで売れてしまいました。変わりではないですが今日のつぶやきはこれ。
TROPHY CLOTHING TR-YL23 HORSEHIDE 2605 JACKET
何から話せばよいのか考えてしまいますが、1番お伝えしたいのは『このジャケットの完成度の高さ』でしょうか。デザインはデニムジャケットの継承ですがパターンは革ジャケット用に新たに引かれた図面です。仕込まれたオリジナルホースハイドは風合いが素晴らしい!『ブラックレザーなら茶芯しかないでしょう』タンニン鞣しでオイルレザー、丘染めの染料仕上げ...染料仕上げならこれ以上、望むことは何も浮かばない。加えてライニングとのコンビネーションの良さ、この手のアウターを吟味する大きな要素に着易さが在ります。革は厚過ぎても硬過ぎてもNGです。せっかく革が良くてもライニングとの相性が悪ければそこもNGです。トロフィーのこのジャケットはそこもしっかりと考えられて作られていると思います。着易く経年変化も楽しめる...TYPE A-2が好きな私も浮気してしまいそうなトロフィーのジャケットです。
2021年9月9日「お待たせしました!明日、入荷します」
朝夕は涼しくなり秋らしくなりました。そろそろ軽いアウターが活躍し始める時期です。そこで明日入荷のご案内です。
TROPHY CLOTHING 2605 DIRT DENIM JACKET
時期的にデニムジャケットが丁度良いですがトロフィーの"LOT.2605"はGジャン候ではないので使い勝手も広くなります。現在、38,40,44inがフリー在庫です。お早めにどうぞ。
2021年9月7日「ベトジャンならではの魅力です」
前回の呟きから3日目となる今日、たった3日でも空いてしまうと随分更新していない気分になります。ここ2〜3日はインスタに追われてしまったのが理由。特に動画は編集に時間が掛かってしまいます。完璧を求めると納得できなくなるので、汚点も在りますがそこはお許しください。尚、インスタのアカウント(TWWC_Director)を閉じさせていただきました。今後は以下の3つでやっていきます。『それでも3つも在るのか?』そう言わずに宜しくお願いします。
・spirits-morii
・glam_of_boots_pr
・spirits_channel
以上になります。最後のアカウントはまだ始めたばかりです。さて話は変わって今日、取り上げるのはこんなジャケット。
 
Tailor TOYO・ Late 1960s Style Woodland Camouflage Vietnam Jacket “1st RECON H&C CO.”(TT14691-198)
 
 
ベトジャンも基本的には米兵が着たスーベニアジャケットなのでスカジャン同様、刺繍が施されています。それでも良く見ると虎の顔や龍のデザインはスカジャンとは異なりますよね。ヘタウマなところがベトジャンならではの特徴ですがそこがまた魅力です!ところで良く見る"福"の意味はご存知ですか?語源は"福禄寿"で、頭文字の"福"が描かれています。ちなみに"福禄寿"は『幸福の福』『お金を意味する禄』『長生き(長寿)の寿』を表したその地域での文言です。ヴィンテージと見間違えるほど高い完成度のリーフパターンをベースにしたこのベトジャン。超オススメです!!
2021年9月4日「ベトジャンとのミリタリーな関係」
昨日につぶやいたテーラー東洋の新アイテム。ベトジャン"SKULL"はなんとも個性的な絵面です。早速、着てみました。
 
Tailor TOYO・ Late 1960s Style Cotton Vietnam Jacket "SKULL"(TT14898-119)
如何ですか?程よいインパクトがGoodですね!こんなのを羽織ってバイクで走ったら『信号待ちでカッコイイだろうなぁ』。ベトジャンと言えば背面にマップが描かれたものが多いのですが、海兵隊員がカスタムオーダーした物なのでスカルやコフィンがデザインです。配属先の地名『クワンチ』が入るのもスーベニアジャケットらしいですね!
 
袖に入る龍の刺繍絵も絶妙な位置だと思いませんか。図柄の大きさも絶妙です!こんなセンスは欧米人ならではですね。何度も言いますがやっぱりミリタリー物はカッコイイです。以前にご紹介したパラシュートモチーフも背面がサイコーに括弧良かった。共にチェックしたいアイテムです。
2021年9月3日「入荷情報」
昨年秋から人気のアイテム、"スーベニアジャケット"が入荷しました。
 
Tailor TOYO ・ Early 1950s Style Acetate Souvenir Jacket “ROARING TIGER” × “LANDSCAPE”(TT14892-190)
人気のローリングタイガーです。スカジャンのモチーフは様々ですが、やはり虎は一番人気です。今回のモデルは毛並みが素晴らしく色合いもサイコー!その上、虎の表情もカッコイイのです。詳しくは商品ページをご覧ください。

それと、もうひと型...スー"ベニアジャケット"と言えばこちらも在ります。
 
Tailor TOYO ・ Late 1960s Style Cotton Vietnam Jacket "SKULL"(TT14898-119)
ベトジャンです。このシリーズも昨年から人気です。米海兵隊第39航空支援部隊の兵士がカスタムオーダーしたもの。軍物好きにはたまらないモチーフですね!こちらは明日の掲載となります。
2021年9月2日「TYPE A-2とTYPE B-3」
9月に入り夏物から秋冬物へ趣向が変わる時期、つぶやき1回目の今日はTYPE A-2とB-3にフォーカスしてみました。 アメカジファッションにおいて誰もが憧れるレザー製フライトジャケット、その殆どは1930年代に開発され、40年代に実戦配備された物ばかりでした。中でも米陸軍航空隊が使用したTYPE A-2、B-3は相当数が生産されました。今ではアメカジファッションにおいてヴィンテージラインとして君臨する双璧です。例えばTYPE A-2...フロントZIPの衿付きスタイルでフラップ付きの裾ポケットが2個付くだけのシンプルなデザインはトラウザースやジーンズなどボトムスを選ばず、誰にでも着こなせてしまう魅力十分なジャケットとして最も人気が在ります。外気温10度〜30度での着用を目的として配されたパイロット用ですが実用温度域が日本の冬の気候にピッタリで冬のアウターとして重宝されています。
一方、TYPE B-3はマイナス10度からマイナス30度の寒冷温度域を担う重装備ジャケットで主に爆撃機や輸送機の搭乗員が着用していました。長い毛足を持つ羊革と馬革で補強された見たとおりの重厚なフォルムは『強いアメリカを象徴する』化身として誰もが憧れる最強の冬アウターです。素材手配や特殊な縫製技法など、今となっては非常に希少な存在で価格の高騰が目ざましいモデルの一つですが、それだけに"一生の宝"として手に入れたい筆頭アイテムとなっています。
馬革のA-2と羊革のB-3...それらの味の出方は全く異なります。既に商品ページが在るA-2ですがこれからも更に増えていきます。それとB-3...今シーズンは5年振りにラインナップに加わります。私物のB-3を取り上げ、いろいろな視点からB-3の魅力をご紹介したいと思っております。楽しみにしていてください。