Red Wing NO.8083 WORK BOOTS "IRON RANGER"HAWTHORNE MULESKINNER ROUGHOUT

<No.8083、どんなブーツ?>
レッドウィングが使用するレザーコレクションの中でツーが好むホーソーンミュールスキナーを人気の"アイアンレンジャー"で使用しています。ラフアウト(スウェード革)に特殊なオイルとコンディショナーを入れることでメンテナンスフリーを実現!ベージュの明るいスウェードにもかかわらず汚れを気にせずに履くことが出来ます。自然な濃淡の色斑がヴィンテージライクでカッコイイと人気です。
通常、お手入れはブラッシングでOKですが、それだけで落とせない汚れは洗剤と歯ブラシ、流水でのクリーニングが可能です。

<商品説明>
アイアンレンジャーとは、レッド・ウィング社のあるアメリカ・ミネソタ州の北部にある鉄鉱石の鉱山地域の名称です。かつてここで働いた多くの鉱夫達は、足先を保護するためにつま先に一枚革を付け加えた「キャップドトゥ」のブーツを履いていたことから、このキャップドトゥのブーツをアイアンレンジャー・ブーツと名付けました。
この「キャップドトゥ」は20世紀初頭のワークブーツには幅広く採用されたデザインでもあり、創業間もない時期のレッド・ウィング社のカタログ(1910年のもの)を見ると、掲載されている37型のワークブーツの内33型がキャップドトゥのデザインとなっています。時代が流れ、現在の安全靴の標準仕様であるスティールトゥが普及するとともにキャップドトゥのブーツは減っていきましたが、一部のスティールトゥのブーツは当時のつま先保護・補強のための仕様であるキャップドトゥのデザインを1990年代まで保っていました。そうして今日に受け継がれたキャップドトゥのデザインをリファインしたものがアイアンレンジャーです。
ラスト(木型)はレッド・ウィングのラウンドトゥのブーツに幅広く使われている8番ラストです。ワークブーツらしいゆったりした設計で、履きやすさに定評があります。ソールにはグリップ力に優れたビブラム#430ミニラグ・ソールを採用。
#8083のレザーは、オイルを含ませたラフアウトレザーであるホーソーン・ミュールスキナーです。オイルを含んだ分、ドライタンの(オイルを含ませない)ラフアウトレザー、ホーソーン・アビレーンよりも若干濃くなっています。このレザーの深みのある色合いと起毛革の毛並みが、#8083を落ち着いた味わいのブーツに仕上げています。
※以上、メーカーホームページより引用

<仕様>
表革:牛革、ソール:ビブラム430(ミニビブラム)
製法:グッドイヤーウェルト
原産国:米国

品番:NO.8083
品名:レッドウィングブーツ・アイアンレンジャー
カラー:ホーソーンミュールスキナーラフアウト(HAWTHORNE MULESKINNER ROUGHOUT)
サイズ:7,7.5,8,8.5,9,9.5,10,10.5,11in
ラスト:NO.8
ワイズ:D
価格:¥41,900+税
 7.5in8in8.5in9in9.5in
ミュールスキナーラフアウト41,900円(税込46,090円)
在庫なし
41,900円(税込46,090円)
在庫なし
型番 NO.8083
販売価格
41,900円(税込46,090円)
購入数