Tailor TOYO・ Late 1960s Style Woodland Camouflage Vietnam Jacket “1st RECON H&C CO.”(TT14691-198)

<商品説明>
TAILOR-TOYO(テーラー東洋)は1940〜50年代のヴィンテージジャケットを展開するブランドですがベトジャンの愛称で親しまれているスーベニアジャケットもまた実に多くのバリエーションが存在します。TT14691は2020年秋冬にリリースされたモデルでリーフパターンよ呼ばれる迷彩柄が特徴です(発売元のテーラー東洋ではウッドランドカモと呼んでいます)。ベトナム戦争時、ベトナム共和国軍(南ベトナム軍)の兵士が着用していたモデルを復刻したものです。カーキとグリーンをベースに黒色を入れたリーフ柄が実物と見分けがつかないほどの完成度でマニア垂涎の出来栄えでしょう。TT14691は2020年秋冬にリリースされたモデル、リーフパターンと呼ばれる迷彩柄が特徴です(発売元のテーラー東洋ではウッドランドカモと呼んでいます)。ベトナム戦争時、ベトナム共和国軍(南ベトナム軍)の兵士が着用していたモデルを復刻したものです。カーキとグリーンをベースに黒色を入れたリーフ柄が実物と見分けがつかないほどの完成度でマニア垂涎の出来栄えでしょう。

<スタイリング>
クライミングパンツを合わせたアウトドアスタイルで羽織ると今っぽく着れます。流行りのキャンプで着回すとカッコイイですよ。ボトムスにカーゴパンツを合わせた成り切りスタイルもおススメです!

<ディテイル>
1967〜68年にベトナムに駐留していた兵士がカモフラージュ生地でオーダーしたベトジャン。背中に施された「逆さのスペードにドクロ」のマークは所属していたアメリカ海兵隊第一偵察大隊の部隊章。カフス仕立ての袖口には古銭を模したボタンが使われています。

<ベトジャンとは>
戦後の日本で誕生したスカジャン同様、1960年代から1970年代のベトナム戦争時に生まれたスーベニアジャケットが、通称ベトジャン。コットンツイル、もしくはカモフラージュ柄のポンチョライナーの2種類の生地が主に使われ、マットな太めの色糸で絵柄が刺繍されているのが特徴です。

<計測データ>
36in 肩幅43.0cm 身幅53.0cm 着丈60.0cm 袖丈60.0cm
38in 肩幅46.0cm 身幅56.0cm 着丈63.0cm 袖丈62.0cm
40in 肩幅49.0cm 身幅59.0cm 着丈66.0cm 袖丈64.0cm
42in 肩幅52.0cm 身幅62.0cm 着丈69.0cm 袖丈66.0cm

<詳細>
品番:TT14691-198
品名: Late 1960s Style Woodland Camouflage Vietnam Jacket “1st RECON H&C CO.”
カラー:198)CAMO
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥35,000+税
素材:表生地:コットン100%、ライニング:アセテート、刺繍:ポリエステル

※計測データは測り手による個体差が在ります。
 SMLXL
198 ) CAMO35,000円(税込38,500円)
在庫なし
35,000円(税込38,500円)
在庫なし
型番 TT14691-198
販売価格
35,000円(税込38,500円)
購入数